事業資金の融資にはさまざまな方法が存在する

財布のカード

返済の負担を軽くする

貯金箱

企業を経営するには多額の資金が必要です。設備投資や仕入れ、製造、人件費と多くのことにお金がかかります。資金を集めることは経営者として大切な力であると考えられます。手形割引で行なう融資は、資金が足りなくなったときに約束手形を保有していると利用することができます。約束手形は将来現金を回収できる債券です。約束した期日に現金が口座に振り込まれます。手形割引とは、この約束手形を銀行に売却することで手数料を差し引いた金額を融資してもらう方法のことをいいます。手形割引での融資は、将来返済する必要がありません。経済的な負担を考えることなく利用することが可能な融資方法です。手形割引は資金繰りのコントロールがしやすい融資方法として多くの企業で利用されていると考えられます。事業の運転資金に利用するための融資方法としては、不動産担保ローンもあげることができます。不動産担保ローンは、企業や個人が保有する土地や建物などを担保にして融資を受ける方法です。現物の不動産を担保にするため、利用者に対する信頼が高いローンであると考えられます。不動産担保ローンは、他の借入れに比べて金利が低く、将来返済するときの負担が軽いという特徴があります。また、大口の融資が可能であるため多くの人が事業の運転資金などに活用しています。不動産担保ローンや手形割引は返済の際に負担があまりかからない融資方法です。事業経営をするうえでの資金繰りのサポートとして両方の融資方法を活用すると良いでしょう。